ブックメーカーの歴史

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

ブックメーカーの歴史

ブックメーカーは18世紀末、イギリス・ニューマーケット競馬場でオグデンが賭けを請け負いを始めたのがきっかけです。初めは競馬の歴史にそぐわないという観点で政府からの抵抗や弾圧がありましたが、徐々に参加者が増えていきました。1963年、賭博及び宝くじ法と呼ばれる法案が議会を通過し、政府の定める厳しい条件をクリアすれば、民間の会社が胴元になれるというルールが定められました。

これがブックメーカーが生まれた歴史です。

 

英国を中心に広がったブックメーカー

認可条件をクリアし、政府のお墨付きを頂いた優良企業は堂々と運営できるようになったので、参加者がどんどん増えていきました。 ブックメーカーの賭けの対象は、競馬から始まり、徐々に様々なプロスポーツや大学スポーツにひろがっていきました。その範囲はスポーツを飛び越え政治的選択や戦争の行方といったものから(ただし、イギリスでは、戦争に賭けることはタブーとされています)、クリスマスに雪が降るかどうかというものまで非常に幅広く賭けの対象が広がっています。ブックメーカーで賭けを楽しむというスタイルは、発祥地域である欧州では、もはや当たり前な文化として確立されました。

 

これが近年インターネットの普及によってオンラインでブックメーカーが各国から参加できるようになり、世界中のファンが楽しめるようになりました。

 

オンラインブックメーカーのウィリアムヒル

 

現在、ブックメーカーはインターネット上に大小1000社近くあると言われています。

 

大半は安心して使えますが、中には配当を払わない、連絡が返ってこないなど、悪質なブックメーカーもあるのでご注意ください。

 

現在ブックメーカーはスポーツベッティングを楽しむ場として、またオッズやスポーツを分析して稼ぐ投資市場としても注目を集めています。

 

その数あるブックメーカーの会社で、ロンドン株式市場に上場しており、有名サッカーチームのスポンサーを務めたりしているのが、ウィリアムヒルです。

 

ウィリアムヒルは社会的に信頼度も非常に高い、老舗のブックメーカーで、大手の超優良企業です。

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<