海外のサッカーくじの仕組み

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

海外のサッカーくじの仕組み

日本のサッカーくじはBIG(ビッグ)やtoto(トト)のような「スポーツ振興くじ」と呼ばれ公営ギャンブルとなり、文部科学省が監督官庁を務めています。

 

一方、海外のサッカーくじは日本と違って民間の団体が営業しています。

 

その企業をブックメーカー(BookMaker)といいます。

 

ブックメーカー(BookMaker)とは?

ブックメーカー(BookMaker)とは、スポーツの勝敗などに対して、オッズ(配当)を提示し賭けの参加者を募る業者のことを指します。
もともと、18世紀にイギリスの競馬場が始めたのをきっかけで、1960年にはイギリス政府公認のブックメーカーが誕生しました。今では、シンガポール、カナダなど、政府公認(もしくは公営のみ許可されている)ブックメーカーも多数存在します。

 

日本でいう中央競馬(JRA)や、競艇、競輪のようなものです。

 

”スポーツブックメーカー”と呼ばれることも多く、スポーツの勝敗の賭けに参加する人が多いですが、”今年のクリスマス、〜は雪が降るか?”みたいなものや、選挙結果など、様々なものが賭けの対象になります。

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<