ウィリアムヒルの登録から入出金まで日本語ガイド

ブックメーカー ウィリアムヒルとは?

スポーツベッティングとはスポーツの試合の結果を予想してお金を賭けることを言います。

 

誤解を恐れず言えば、スポーツ賭博のようなものですが、
政府の認可がおりた企業が運営を行なっている合法化された娯楽の一種です。

 

 

※日本で大人気の「競馬」「競輪」「競艇」「オートレース」も日本政府の認可がおりた(厳密には国が運営している)『スポーツベッティング』になります。

 

 

そして、この賭けの胴元が「ブックメーカー」と呼ばれる、
英国政府公認の一企業になります。
(競馬を運営する「JRA」や宝くじやロトを扱う「みずほ銀行」と同じようなものとお考えください)

 

 

英国政府の許可を得て、世界中のサッカーリーグ・野球・バスケット・テニス・アイスホッケー・アメフトNCAAバスケットなど様々なスポーツが対象となり、そしてさらにクリスマスは雪が降るか?次の大統領は誰が選ばれるか?ワールドカップはどこで開催されるか・・・

 

スポーツイベントだけではなく、政治や経済に関する事柄などさまざまな出来事の結果を予想し、正解すると配当がもらえるというものです。

 

 

イギリス王室のプリンセスの名前を当てる賭けも日本では有名になりました。

 

 

ノーベル文学賞も賭けの対象となっています。

 

 

日本でいうところの、toto(サッカー振興くじ)を
イメージしていただくとわかりやすいと思います。

 

 

ヨーロッパで愛され続けているブックメーカー

 

本場英国を中心とするヨーロッパの人々は、気軽にブックメーカーに足を運び、
自分の推理力を試す面白い投資の場として年間約700万人超の人々が利用しています。

 

ブックメーカーは日本で言えば、宝くじと同じくらい身近な存在です。

 

例えば、サッカー観戦でスタジアムに入る前に携帯電話などから気軽にBETしてから試合観戦するというのはヨーロッパではよくみかける風景です。

 

 

ブックメーカーは、スポーツをより楽しむオプションのひとつとして確立した、
英国の大人の文化です。

 

街のいたるところで「ウィリアムヒル」の広告があり、
知らない人はいないくらいです。

 

宝くじやロト6を購入するように、気軽に楽しむことが出来ます。

 

 

ブックメーカーは法律認可されている
社会的に信用度の高い会社です。

 

最初にもお話したとおり、スポーツベッティングは法律認可されている事業です。

 

ブックメーカーを運営するためには、厳しい審査を受けライセンスが発行されます。
外部監査機関より月単位で厳しいテストを受けているので公平性なども徹底されており
ユーザーが安心して遊べる環境が整えられています。

 

ブックメーカー社 = 社会的信用度の高い企業

 

と位置づけされ、銀行よりも企業として高い評価を受けているのが
ブックメーカー社であり、ウィリアムヒルです。

 

 

ウィリアムヒルは77年の運営実績を持ち、
ヨーロッパ圏に2000以上もの店舗を経営しており、
抱える従業員数は、15,000人を超えます。

 

また、2002年にはロンドン市場に上場しています。

 

 

有名プロサッカーチームのスポンサーや大手テレビ番組のスポンサーなども務めており、
社会的信頼度も非常に高い企業です。

 

2009年にリーガ・エスパニョーラのマラガFCスポンサーとして3年間契約。

 

2012〜2014年の英国サッカーFAカップの正式スポンサー契約

 

 

また全豪オープンのオフィシャルベッティングパートナーにもなりました。

 

 

「安心」と「信頼」があるからこそ、ユーザーは気楽に楽しむことができるし、
何より「スポーツベッティング」自体が非常にエキサイティングなものです。

 

たくさんのスポーツを対象に楽しめる!

 

ウィリアムヒルの魅力、スポーツベッティングの魅力は
なんといっても、豊富なスポーツの数です。

 

欧州サッカー(プレミアリーグ、セリエA、CL、ワールドカップ等)はもちろん、
日本のJリーグ、J2も賭けの対象となっています。

 

 

また、メジャーリーグ、アメリカンフットボール、テニス、ボクシング、
バスケットボール、アイスホッケー、ゴルフ、ラグビーなどなど・・・

 

ありとあらゆるスポーツが対象となっています。

 

 

【当サイト限定】4000円が無料でもらえるキャンペーン開催中!!

 

 

BETの対象となるのはスポーツだけじゃありません。

 

 

格闘技や競馬などのギャンブルを始め、政治関連や各種イベントなど、
日常のありとあらゆることがBETの対象となっているので、
仮に興味のあるスポーツがなかったとしても、誰でも楽しむことが出来ます。

 

アメリカ大統領選挙
競馬
総合格闘技

 

ウィリアムヒルの賭けの一部を見てみましょう!

 

アメリカ大統領共和党選(政治)

 

ウィリアムヒルオッズ

 

 

凱旋門賞(競馬)

 

ウィリアムヒルオッズ

 

パッキャオ VS メイウェザー戦(ボクシング)

 

ウィリアムヒルオッズ

 

錦織圭 VS ジェコビッチ戦(全豪オープンテニス)

 

ウィリアムヒルオッズ

 

 

特に「競馬」はおもしろいと思います。

 

オッズはは常に変動するもので、締め切りを終了してから確定した最終オッズが
適用されるのが日本の競馬であり、買った時に2.5倍だった配当が最終1.2倍程度に・・・
というのは当たり前の話です。

 

しかし、
ブックメーカーにおいて『オッズ』は“BETした時点(買った時点)”でのオッズが適用されます。

 

最終オッズというものに左右されることなく、
あなたがBETした時点(買った時点)でのオッズでそのまま配当がされるのです。

 

日本のJRAとウィリアムヒルのオッズの差(ジャパンカップ)が顕著に現れた例をみてみましょう!

 

ウィリアムヒルの前日オッズ(28日午前10時)

 

JRAオッズ(28日午前10時5分)と比較してみると、その差がかなり大きくなっています。

 

馬名 ウィリアムヒルオッズ JRAオッズ
ラブリーデイ 3.75倍 2.9倍
ゴールドシップ 7.5 4.9倍
ミッキークイーン 8.0 5.8倍
ショウナンパンドラ 11.0 9.7倍
サウンドオブアース 12.0 10.7倍

 

もちろんこれは競馬だけではなく、
どのスポーツにおいても、もちろんスポーツ以外のBET対象においても、、
つまり、すべてのBET対象において“BETした時点”でのオッズが適用されるのです。

 

 

海外版toto(トト)のスポーツベッティングの特長は高い還元率だけではありません。

 

 

様々なスポーツを中心としたBET対象があるので、
もちろんそこには、対戦チーム間において大きな力の差があるケースは多々あります。

 

 

競馬で言えば『万馬券』のような高額配当のオッズもたくさんあるということです。

 

 

 

ではこのようなマルチベットというBET方法で、
2試合、3試合、4試合・・・というように、複数の試合を予想することが出来ます。

 

 

このように、一夜にして大金を手にするケースも稀ではありません。

 

 

以下は実際にあった話です。

 

 

老舗のブックメーカーウィリアムヒルの

 

サッカーのたった3試合のマルチベットで誕生した
921万円の勝利を手にした日本人プレイヤー

 

 

スペインリーグの試合

  • バルサvsソシエダード

     ソシエダードの90分勝利

 

  • デポルVSビルバオ

     デポルの90分勝利

 

  • ヘタフェvs ラーヨ

     ラーヨの90分勝利

 

という、たった3試合のマルチベットに10万円をベットして、見事的中

 

日本のサッカーでもリーグ最下位のチームが優勝を争っている
チームに勝ってしまうことがあるのは当たり前ですし、
当然、そのような場合、配当は一気に大きくもなります。

 

このような、“高額配当”が起こりうるのもウィリアムヒルの魅力です。

 

【当サイト限定】4000円が無料でもらえるキャンペーン開催中!!

 

 

さらにもう一つの例

 

 

最高5000倍のオッズが出た歴史的な瞬間

 

 

2016年プレミアリーグで、日本代表FW岡崎慎司(29)が所属する
レスターが優勝しました!

 

 

 

 

レスターが優勝した結果、ウィリアムヒルが支払う総額は1400万ドル(約16億1000万円)に上ると試算しているといいます。

 

なぜこんなことになってしまったのか?

 

開幕前、ウィリアムヒルでは最大で5001倍の優勝オッズがレスターシティーについていました。

 

5000倍オッズ

 

オッズが5000倍の時点でレスター優勝に賭けた人は、
ウィリアム・ヒルだけで25人いるといいます。

 

『BBC』の紹介する38歳の大工リー・ハーバートさんは、レスター優勝のオッズが5000倍だったシーズン開始当初に5ポンドを賭けており、2万5千ポンド(約416万円)の大金を手にいれました。

 


リー・ハーバートさん

 

ウィリアムヒルは「賭けを放棄してくれたら60万円お支払いします」と持ちかけた所、あっさり拒否されたとのこと。

 

 

2015年8月の時点でも優勝オッズでもレスターシティは2501倍のオッズが付いていました。

 

 

別のブックメーカーですが、

 

ファンがシーズン開幕時に『クリスマスのときにレスターが首位!
というベットをして見事に1000倍を当てました!

 

ベット領収書(ラドブロークス)

5ポンドかけて、5000ポンドのリターン

 

なんと、この賭けに参加した日本人も一人いるそうです!

 

その方は、岡崎のレスターにご祝儀として賭けたところ、
1000万以上になって戻ってきたとのこと。

 

羨ましい限りです。

 

シーズン前には降格筆頭候補だったレスター、これは凄いです!!

 

「ローマ法王がレンジャーズでプレイする」というオッズより低かったレスター優勝

 

 

こんなことが実際に起ってしまうブックメーカー!

 

 

やらない理由がどこにあるのでしょうか?

 

 

実際にウィリアムヒルをやってみました

 

 

実際に、サッカーの試合で
試合終了5分前(86分からホイッスルがなるまで)ゴールが入らないという賭けをしてみました。

 

 

 

例えば以下の試合、赤枠のベットをクリック。

 

ゴール時間をクリック

 

下の方にいくと試合開始後86分から後半戦終了以内にゴールがある?に注目してみましょう。

 

いいえのオッズが1.33倍となっており、これは対戦状況によっては比較的美味しいオッズです。

 

ためしに手持ち$600を4試合にかけてみた結果です。

 

 

勝った分は上乗せしてして次の賭けにすべてのせます。

 

  1. $640 ⇒$898 ($258の勝ち)
  2. $898 ⇒$1224($326の勝ち)
  3. $1200⇒$1560($360の勝ち)
  4. $1580⇒$2106($526の勝ち)

 

たった4試合かけただけで$1500(約16万円)近くの利益を得ることができました。

 

このように、一夜にして大金を手にするケースも稀ではありません。

 

もちろん、この手の超高額配当は、カジノで言えば
ジャックポット級のものなので確率こそ低いですが、
何があるかわからないのがスポーツの醍醐味です。

 

サッカーでもリーグ最下位のチームが優勝を争っている
チームに勝ってしまうことがあるのは当たり前ですし、
当然、そのような場合、配当は一気に大きくもなります。

 

このような、“高額配当”が起こりうるのもスポーツベッティングの魅力です。

 

【当サイト限定】4000円が無料でもらえるキャンペーン開催中!!

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<